Synk Filiy

冒険者を半ば引退し商店を営んでいた白魔道士は、ある日遠い遠い世界へと導かれた。 自身の存在意義とは、世界の意味とは、考え続けていた彼に訪れた大きな変化だった。 同郷の竜騎士と再会した彼は、救いを求める水晶の声に応えるべく、世界を目指す。
Atomos
RP対応不可
来訪者
the Lodestone

Synk Filiy

冒険者を半ば引退し商店を営んでいた白魔道士は、ある日遠い遠い世界へと導かれた。
自身の存在意義とは、世界の意味とは、考え続けていた彼に訪れた大きな変化だった。
同郷の竜騎士と再会した彼は、救いを求める水晶の声に応えるべく、世界を目指す。
the Lodestone
Atomos
RP対応不可
来訪者

PROFILE

フルネーム シンク・フィリー(Synk Filiy)
愛称など シンク
種族/部族 ヒューラン / ミッドランダー
性別 男性
誕生日 星5月(9月) 1日
年齢 ??? (外見:16~18)
出身地 ハイデリン世界の外 (FF系オリジナル世界)
住所 ゴブレットビュート冒険者居住区(シェアハウス)
ミスト・ヴィレッジ冒険者居住区(アパルトメント)
イメージカララント ピュアホワイト
タグ 光の戦士 闇の戦士 冒険者 「超える力」の持ち主
このキャラクターはサブキャラクターです。
小説本文は、Elvis Cartwrightのロードストーンに掲載しています。

the Lodestone Data

ID 29158461
名前 Synk Filiy
ホームワールド Atomos [Elemental]
種族/部族/性別 ヒューラン / ミッドランダー / ♂
誕生日 星5月(9月) 1日
守護神 ナルザル
開始都市 グリダニア
所属グランドカンパニー 双蛇党
このプロフィールの作成者
gpsnmeajp
@gpsnmeajp

小説書いたり世界観考えたりがメインです。 RP派ですが内輪のみです。基本外向けにRPはやりません。

詳細
うちの子派
DETAIL
性格 勘は鋭く慎重なときは慎重だが、基本いけいけどんどんで、トラブルにも巻き込まれがち。
仲間を大事にする。一見だらけがちだけどしっかり者。
言わないといけないと思ったことはズバズバ言う。遊ぶときはしっかり遊ぶ。思いつきで動きがち。
趣味 エーテルの研究、商売
特技 魔法を覚えるのが早く理解が素早い
酒癖 悪い、最初はケロッとしているが、そのうち酔いつぶれる
煙草 苦手
トラウマ ダンジョンで一人置き去りにされたこと
こだわり (自分的に)正しいこと、きちんと説明できること、面白いこと
好き 苦手
こと 人と話すこと、冒険すること、喜ぶ顔を見ること、新しいことを知ること。 道理の通らないこと、理由のない殺生、過去を詮索されること、子供扱いされること

HISTORY

経歴は、短編小説と長編小説で異なります。
・短編は、元となっているオリジナル作品(非公開)を強く踏襲しており、ご都合要素が多めです。
・長編は、短編版の設定をベースにオリジナル作品の要素を弱めて、ハイデリンでの出来事を中心として再構成しています。

ただし小説では、それらの設定を知らなくても問題なく読めるように気をつけて記載しています。

以下に長編・短編共通の基本設定を記します。

***

とある世界、とある国。
魔法大国の商人の家庭に生まれた彼は、魔法の才能を見出され、魔法大学を卒業する。
優秀な研究者かつ白魔道士となった彼は、国で一番栄誉ある職務である軍へと入った。

当時、戦争が起きていたこともあり、波乱万丈の日々を過ごした彼は、国に愛想が尽きて冒険者へと転身する。
しかし、当然ながら勝手の違うそれに、事は上手く運ばず、優秀な白魔道士であった彼でも、路上で眠るようになるのにそう時間はかからなかった。

冒険者業を諦め、道に転がる日々を過ごした彼は、ある日商人に拾われる。
もとより、商人の家庭に生まれた彼、"門前の小僧習わぬ経を読む"といったところで、またたく間に商売の腕を身に着け、自分の店を持つようになった。

さて、店も軌道に乗り、これで平穏な日々...と思っていた矢先。
彼はクリスタルの声に導かれ、世界の壁を越えることとなる。

肉体から離れ、魂のみが世界を渡る。
今まで鍛えてきた力、装備、魔力、そう言ったものは持ち込むことができない。

必然的に、地位も名声も故郷もない流浪の冒険者として旅を始めることなった。

頼れるのは杖一つ。
偶然か必然か、グリダニアの近くに降り立った彼は、幻術と呼ばれている当地の魔法を一から身につけ直すことから始まる。
APPEARANCE
身長 168.0cm(66.1イルム)
体格 それなりに筋肉があるはずだが、細く見られがち。
実身長よりかなり低く見え、少年と間違えられることしばしば
髪の色 銀色
顔立ち とても少年っぽい
瞳の色 灰色
肌の色 少し黄色の入った白
いつもの服装について 白魔道士: AF系ローブに近いものを着ている
常に身に着けているもの 出所不明のクリスタル
よくやる仕草、癖 伸び
立ち振る舞い、動作 少年主人公的な喋り方、振る舞い。
ただ少し研究者っぽい。
雰囲気 軽い、声が大きい、うるさい
モブ視点の第一印象 子供、少年、直球、騙しやすそう、ちょっと胡散臭い
EXPRESSION
声質 大きく、時折周囲に響くくらいの音量で話す。少年っぽい声
一人称 オレ、(公的な場: 私)
二人称 お前、そっち
三人称 ○○さん、呼び捨て
口癖について "だぜ"、"だな"、"んー"など
口調について ・喋り方はっちゃけ気味。
・口語的な表現が多い。
・めんどくせーなど言い放つ。
・興奮するほど声が大きくなる。
TACTICS
メインジョブ 白魔道士
サブジョブ 赤魔道士
使用する武器 飾り気の少ない杖や剣を使う
戦い方 効率のいい戦い方を選ぶ。勝つためにはあんまり手段を選ばない側面がある。
強み 魔法攻撃
弱点 複雑な戦闘
得意な戦術 突っ込んでGOGO
苦手な戦術 待機時間が長いもの

BATTLE-STATUS

体力
筋力
魔力
知力
忍耐力
瞬発力
集中力

about-PARTY

同郷の出身の竜騎士が一人と、エオルゼアで出会った黒魔道士がいる。

about-FAMILY

父と母が故郷に居る。
兄妹はいない。

about-FRIEND

何人も故郷に居る。

CHARACTER-LINK